圧倒的なオリジナリティで企業用年賀状に革命を起こす、業種別年賀状デザインテンプレート
賀王

酉年2017年版 企業特化型年賀状素材「賀王forビジネス」

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の年賀状は20年前から比べると大きく減少しました。
減少している理由は色々ありますが、最も大きな要因は出したい年賀状がないことでしょう。

企業の年賀状は個人の年賀状とは違います。個人の年賀状を流用して、企業の年賀状として販売しても、本当に出したい年賀状とは言えません。年賀状減少の数は企業数とは比例していません。逆に言えば、それだけのキャパシティがあります。
(個人年賀状、企業年賀状推移図版--年賀状ジャーナルより)

収録デザインを確認する 資料請求はこちらから

弊社の調査では、1社あたりの差出し枚数は200枚近くになります。これはあくまで平均で、業種によってばらつきがあり、多い業種は数百枚。少ない企業は100枚程度。
さらに、業種によりリピート率が大きく違います。

どこに焦点を合わせて、どのようにすれば売れるのかを考えて準備する必要があります。

そもそも向き不向きがあります。
B2Bを主戦場とする会社は、ターゲットが既に合致しているため非常に有利です。

特に特定の業種に特化している企業を顧客に持っている、あるいは、特化した商社などを顧客に持っている印刷会社さんは、大きなアドバンテージがあります。年賀状印刷を扱ったことがない集客力のある企業に提案することも可能になります。

個人の年賀状と違い、単に並べるだけでは売れないのが企業向け年賀状。
ひとくちに企業といっても大小、業種さまざまで、すべてをひとくくりにして会社、企業とするは無理があります。

企業向けチラシや企業用DMでは、まったく訴求力がないのと同じ。ターゲットを絞り込み、目的に応じた訴求をしなければ、明日が見える結果はでません。

日本で初めて企業特化型年賀状を世に出して、今年で4年目。データ分析を繰り返し、毎年進化しつつ、どんな年賀状が好まれているのかを徹底的に追求してきました。
そして企業年賀状は必ず復活すると確信しています。

単なる年賀状デザイン提供だけでなく、これまでのノウハウの提供、売り方の提案を一緒に考え、一緒に新しいマーケットを作っていきたいと考えています。

※ロイヤリティ契約について、詳細をご希望の場合はお電話にてお知らせ下さい。

賀王シリーズ比較表

※その他、各使用規定をよくご確認のうえお求め下さい。